エステ紹介 美顔 痩身 脱毛 体験コース リンク お問い合わせ
レディミュウブログ

Archive for 2011.5月

湯郷温泉「季譜の里」心温まるおもてなし。

最近眼にする礼状からも際立って“和の心”を感じました。

なんといっても、翌日に早速届きました。早い。

熱が冷めていないのに・・・心を又奪われた感じです・

さりげなく心温まるお礼状に、来月も行こうかな・・・?

なんて思っています。ありがとうございます。

客室係の24歳の若さで、しっかり旅館業を理解されていた久保さんありがとう。近いうちに・・・。

 

コメントはありません

ゴールデンウィークは加賀・福井・岡山へ

ゴールデンウィークは福井市と加賀市&岡山で過ごしました。旅の始まりは『日本元気劇場!』。元々「加賀百万石時代村」だったのを、

最近片山津温泉で温泉宿を再建された『大江戸温泉グループ』が頑張っていました。以前の時代村より随分テーマーパークとして家族で

楽しめる仕掛けが見られ、目玉となる戦艦三笠が立派でした。又、NHKドラマスペシャル“坂の上の雲”の撮影にも利用されてるみたいです。

しかし、日々活躍されているのはなんと言っても、イケメンメンバーのHIROSというアイドル的な存在の劇団員さんたちですが、

追っかけの子達も沢山遊びに来ていました。

 正面の赤門前です。日焼け対策ばっちり。

 売店ではきゅうりの浅つけ丸ごと1本が

冷やしパインと並んでいました。

 

 

 

 

手裏剣体験をする姫。 

 忍者屋敷の仕掛け部屋にて。蝶蝶に変身の姫。

 仕掛け部屋で眼がクルクル。

 

 

 

 

 

 

特にこの看板素敵過ぎるでしょう。

3つの劇場をテーマにHIROSが水戸黄門から、時代物の忍者など

ストーリーを作り笑い・涙?で楽しませてくれますが、合間に忍者遊びをした

り・宝探しをしたり、積極的に遊びやすい空間になっているパークだったの

で、しっかり満喫“主役はあなたカッコイイ”で私たちが主役とはしゃぎました。

 

片山津温泉を訪問。正直、過去の栄華さは無くなり、寂びれた温泉街となっていました。この佳水郷と言えば片山津温泉でも1番の宿だったと思われますが、

フロントには黒服のAPAグループのバッチを付けたホテルマン達が・・・。温泉宿のお客様を“おもてなす”と言う心が欠けていたと思うのは私だけでしょうか・・・?

古い和の心・伝統・昔ながらの習慣など・・・合理化社会への変革で日本社会の持つ独特の表現『情緒』が辞書からなくなる日が来るかもしれないですね。

 本日は部屋食の夕食です。

 季節はずれの蟹に・・・豚しゃぶ・・他13品目

姫はお子様用のハンバーグでした。美味しかったですよ。

 

 

 

 

 

 部屋からは霊峰白山を映す柴山潟の中心にある高さ70mの巨大噴水が見えました。

 片山津温泉観光協会の方々、砂走(すなはせ)公園などで名物【片山津バーガー】に

力を入れて今流行の、B級グルメ入りを目指して、イベントを開催したり、

ゴールデンウィーク期間中、夏休み期間中と見事な花火を柴山潟より打ち上げてくれて、風情と努力に感動しました。

花火は思っていた以上に立派だったのでアッパレでした。

 

翌朝は加賀フルーツランドにイチゴ狩り。

旅館の朝食でお腹が一杯だったので、家族でパターゴルフを90分楽しみました。【100カロリー燃焼!】

 イチゴは今年は微妙でした。

甘味がないと言うか・・・。 

  

 

 

 

温泉情緒満喫!に不完全燃焼気味だった家族で一路このまま岡山へ・・・。帰り道だったのですが【笑】・・・。

以前から気になっていた岡山湯郷温泉『季譜の里』へGO!駐車場には関西独特のノリの愉快なおじちゃんが待っていてくれました。

裏千家の先生が週に一度至る所にお花を飾られるそうですが・・・行き届きすぎて脱帽しました。

フロントから見える日本庭園も奥行きが無いのに、遠近感が出てこじんまりとしながらも、心温まる

そんなお庭でした。        玄関横のお庭。平成21年にリニューアルをされて 「花と癒しとわたしの宿」

をコンセプトに館内が畳敷きの女性に優しい宿でした。            

 

     

 

 

ジュニアスウィートのお部屋です。

シモンズのベッドはフカフカでした。 部屋は癒しの空間でした。日頃の雑多を忘れるには、三田から1時間圏内です。

私は近くでいいとこ見つけた感じで、何か得した気持ちになりました。

欲を言えば、湯郷温泉は全体に窓から見える景観が残念なところでしたが、

季譜の里はそれさえ忘れさせてくれるほどの、細かい心配りのあるお花が癒してくれました。

貸し切り露天風呂は45分2500円。借りないと損するよ~!

  お料理は瀬戸内海の旬、日本海の旬、里山の旬を集めた旬彩会席で堪能しました。            大浴場。薬石風呂もGOOD!

  湯郷温泉は近いから何回か遊びに行きましたが、正直・・・。

全室38室の季譜の里に来て感じたのは、この位の規模の旅館が

一番行き届いたおもてなしのサービスが受けれるのかな?と・・・。

姫はゲームセンターがない・・・。と言いながら、風呂三昧で子供ともゆっくり過ごせました。

ただし・・・、翌日の遊び場所には湯郷温泉は困りました。地元の商工会さんたちが子供をターゲットに、昭和おもちゃ館、オルゴール館、観光協会運営のおみやげ物や

さんなど、力を入れていますが、う~ん。中途半端でした。結局、私たちは、作用に立ち寄り、B級グルメ「ホルモンうどんの一力」へ、壊れそうな店やけど美味しいよ~。

さすが『ぐるナビ』サイトNO1のお店の味でした。

そして、もう一軒綺麗なお店のお多福へ、・・・好みやろうけど・・・微妙でした。 家でも作れそう~。

長かったゴールデンウィークはこんな感じで子供サービスをして過ごしました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

コメントはありません