• キャンペーン
  • 美顔
  • 痩身
  • まつげカール
  • 脱毛
  • 大上ブログ
  • お問い合わせ
トータルエステティックサロンミュウ
〒669-1528
兵庫県三田市駅前町11-12 2F
TEL 079-559-4133
地図はこちら

TOP大上寿賀のHOW TOオーラ美人メイキング > エステティシャンの独立開業時のポイント
mixiチェック

エステティシャンの独立開業時のポイント

■2015/11/18 エステティシャンの独立開業時のポイント
【エステティシャンの独立開業のポイント】

エステティシャンを目指す人の中には、将来的に自分の店舗を持つことを目標にして頑張っている人もいらっしゃると思います。
 
 
自分の知識や技術を武器に、思い通りの店舗づくりをしていくことは、想像するだけだけで《ワクワク》するものです。
 
 
 
かつてのわたしもその一人でした。 
 

しかし、全国に数多くのエステサロンが
《乱立する今の時代❗️》
開業したからといって必ずうまくいくとは限りません。 
 
 
夢の独立開業の成功のために!
店舗開業の際に気をつけるべきポイントをまとめてみました。

【1、ターゲットを決める】

現在、個人経営のエステサロンは増加傾向にある一方、残念ながら廃業されている店舗も多数あります。 そのような中、安定して経営を続けるためには、まずターゲットを決めることが大切です。 
  

元大型店舗の店長は、ある程度の見込み客を持って開業されたのですが、20歳代の女性に人気が出そうなサービスを、40〜50歳代が好む地域とテナントで出店されてしまいました。
 
 

当然、お店への客足は遠のきます。
 


とくに個人店の場合、《いかにその地域に根付くことができるか?》ということが、継続するサロン作りには非常に重要な要素となります。地元の人々に愛されるお店をつくるための努力を欠かすことはできないのです。

 
 
【2、技術+αが必要】

大型エステティックサロンに所属しているときは指名客がたくさん付き「技術力が高い」という評判も!いったんお店を離れたらその事実は誰も知らないのです。 
〔ここを勘違いして開業される方が多いのです〕
 
 


開業後、お客さまが来てくれなければ自分の施術を受けていただくことすらできない事実を知ってください。
 
 
 

自分の技術力や店舗の魅力を伝える工夫と努力が必要なのです。いわゆる!「集客」に力を入れることも、開業するうえでは施術と同じくらい重要なのです。
 
 

たとえば!
チラシを作ってポスティングしたり、地元情報誌に広告を掲載するなど、効果的な方法で宣伝していく必要があります。 
〔ちなみに、20年前に開業した頃のわたしの手の甲には、ポスティングダコができていました。〕  
 



「自分は技術があるから大丈夫!」と過信している方はご用心してください。待っているだけでは、お客様は足を運んではくれません。


 
【3、困難にも負けない覚悟が必要】

最後に、とても大切なことをお伝えします。
独立することは、全ての責任を自分が背負うということなのです。
 
 

万が一、お客様とのトラブルがあったとき、エステティックサロンに勤めていれば、会社や上司が解決してくれていたかもしれないですが、独立後は誰も助けてくれないのです。
 


また、経営が上手くいかない、もしくは軌道に乗るまでの間、毎日不安で胸が押しつぶされそうな状態になるかもしれません。
 
 

しかし、一度、開業してしまったら後戻りはできないのです。自分の能力を信じ、サロンの理念を掲げ、前向きにやり続けていくしかないのです。 
 


特別な資格が必要でないため、比較的開業しやすいといわれているエステティシャンです。その技量には大差があります。 
 
 
 
 
開業時に揃えるべき美容機器や備品などを含めれば、総額で相当の資金がかかることもあります。 
 
 


勢いだけではなく、経営者になるための勉強や開業計画をきちんと立て、不安があるようであれば開業相談を受け付けています。

また、開業されているサロン様でお客様とのトラブル時の相談他、経営相談なども受け付けています。 
   
 

お困りのことがある美容業の方は、 
まずはメールください。